GRA の「企画ノート」です

NPO法人GRAが、企画案や作成中の文章などを公開し、広く意見や提案も募集するページです

文章案 「GRA、過去、そして現在の目標」

NPO法人として、次のステップへと歩を進めていきたいと考えております。

特段に変わった事を行なう訳ではありませんが、従来より大きめな歩幅にしたいと考えており、無用な誤解を避け、関心を持つに人の理解を更に深める為に、「 過去。そして現在の目標 」として発表しておく事が必要だと思った次第です。

どうぞ、関心のある方に、文章案の校正やチェックをお願いします。

       *    *   * 以下、文章案 *   *   *
 

NPO法人GRA、過去、そして現在の目標 」( 2017年4月 )


NPO法人GRAの活動目標は、「 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ環境の育成、そしてその環境を創る人の育成 」です。

これからもこの目標の達成のために活動を続けていきますが、過去の活動を見直して、更に直接的な表現を用い、時には反発や誤解も恐れず、私たちが信じている道を歩んでいきます。

私たちの活動に興味と関心を持ち、これからの活動に強い関心を持つ方へ発表して届けます。

 

【 20年後の決断 】

1991年、「ジムカーナ文化の創造」を目標に発足させたGRAでしたが、2010年に発足後の 20年間を振り返り、「 このままではダメだ 」と判断したのです。

発足後の20年の間に、関西を中心に北海道から沖縄まで全国各地で、558回のイベントを開催して、延べ 20,157 名の参加ライダーを動員し、自動車学校なd多くの会場管理責任者の方々や協賛企業担当者の方々、そして雑誌などマスコミライターの方々の尽力を得てきた結果、オートバイの楽しみ方を全国へ広める事は達成したかも知れないが、その楽しみを続かせ深めるために、自ら積極的に他のライダーや家族、社会に働きかけて、良い環境を創る意識を持った人が十分に育ったとはいえません。

オートバイを操る楽しさ、同じ趣味を持つ仲間との楽しみに没頭し、オートバイの改造を重ね、大会でより良い成績を残す事を追い求める人が増えただけにも見えます。
それは、峠ライダー達がやってきた事を市街地の一角でより合法的にオートバイ遊びをしているだけ。

公道仕様のオートバイを改造して、速く走る事だけに熱中し、社会的な認識や評価を良くする為に努力しないライダーは、自らがオートバイでいつまでも楽しむ環境作りの責任を放棄しているだけでなく、会場確保問題など、責任を持って環境創りをしようとする他のライダー達にとって迷惑な存在でしかありません。

この20年の間に、以前とは較べられない程に多く開催されるようになったジムカーナですが、「ジムカーナ」がそういうライダーを育てる存在であるならば、「ジムカーナ」を追い求める事を止める決断をしたのです。

 

【 4年間のイベント休止の後で 】

イベント開催活動を中断していた期間は、主に 公式Webサイト や 各種 公式ブログサイトや Facebook など 各種公式SNSサイトを通じて、オートバイや GRA活動などに関する様々な情報や考えを発信してきました。

そして、イベント開催活動を中断してから 4年が経った 2014年からイベント開催活動を再開する事になりました。
イベント開催活動を再開して、改めて強く感じさせられた事は、オートバイを深く味わうにはイベント開催が最適である事と、イベントでその楽しさを実感するからこそ 発信情報も価値がある事を実感しましたので、何らかのイベント開催は並行して行なっていきます。

これらの経緯の後、GRA活動を通じて伝えたいと考えている要素は下記の通りです。

 

【 心、技、体、バイク の全てを伝えて 】

オートバイに乗る事は私たちに大きな喜びを与えてくれます。
そして、その喜びを安全に、いつまでも保つには、「心、技、心、バイク」の 四つの要素が欠かせないと考えており、それぞれの要素ごとにテーマを絞ったイベント開催や意見文章の発表を行なっていきます。

要素別に簡単な解説をします。
順不同になりますが、最初に「バイク」の説明からです。

< バイク >
いつまでも、楽しく、安全に走るためには、オートバイの定期的な正しい整備が欠かせません。
また、身体に合わせた調整(セッティング)は整備と同様に大切です。
しかし、壊さないための整備や壊れた時の整備はあっても、安全に楽しく乗るための整備は浸透しておらず、調整(セッティング)に至っては全く不足しています。
そのために、公式サイトとイベントを通じて、整備と調整の知識や情報をもっと多くのライダーへと広めていきます。

< 技 >
安全なオートバイライフを続けるためには、一定レベル以上のライディング技術はあった方が良い事は多くの人に認識されている通りです。
しかし、タイムで測定できるライディング技術ばかりに偏っている風潮があり、その事は決して良い事とは考えていません。
また、そのライディング技術も「オートバイはライダーが操るモノ」という考えに執着して、往々にしてオートバイの物理的な基本動作原理を無視したライディング手法が一般的になっている事は不幸な事であり、是正提案したい点です。

< 体 >
四輪車の場合よりも身体的負荷が大きくなるオートバイの運転ですから、筋力や視力などの身体的能力の維持には多くの人が気を遣っている事でしょう。
しかし、身体的能力に合わせた車両選びが見過ごされている点は決して看過できません。
ロードバイク(自転車)は身体に合わせた車体を選択するのが常識ですが、それよりも更に重くパワーがあり、危険性の高いオートバイの選択の際にこそ、身体的能力に合わせた選択が不可欠だと啓発します。

< 心 >
この「心」こそが、NPO法人GRAとして最も啓発し啓蒙していきたい事柄です。
それは、「いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ環境の育成」に一番大切な事だからです。
では、この「心」に対する活動方針について、次の章で述べます。

 

【 心 を考える 】

一般的なスポーツ、例えば 柔道や野球とかで言われる「心」は、「努力」とか「自信」、「信頼」や「礼儀」を指す場合が多いかも知れません。
しかし、私たち GRA が伝えたい「心」はそれらと似ても似つかない事柄です。

私たちが伝えたい「心」は、「 “わがまま”であれ、社会の一員であれ 」という言葉で表せます。

所詮、一人で操縦するオートバイの楽しみは、“ わがまま ”にやりたい事をやる時が最も情熱が湧き、最も学習意欲も高く、一番楽しいものです。
だからこそ、私たちは“わがまま”である事を強く推奨しています。
しかし、自分勝手なだけの中途半端な“わがまま”を推奨してはいません。

本当の“わがまま”は、家族や社会など周りの人々に一切の迷惑を掛けないモノであり、逆に社会の人々の共感が得られるモノだと考えています。

過去において、私達ライダーの楽しみ方により社会的な反発を多く生み、現在も 免許取得制限や二輪通行禁止道路の他、オートバイライダーである事への一般社会からの偏見的意識として残っている事は事実です。

現在においても、限られたエリア内だけで合法的に楽しみを追及するライダーは多く居ますが、真に深く楽しみたいと願うならば、一般社会に残る偏見や風評を払しょくする存在になる努力をするべきだと考えます。
特に、一般公道仕様の車両で楽しみたいならば、猶更、その努力は欠かせない筈です。

それらの努力をしようとせず楽しもうとすれば、他の一般的ライダーの楽しみや“わがまま”の機会を奪う事に繋がるのです。
他者の楽しみや“わがまま”の機会を奪うのではなく、より多くの人々を納得させられる様な努力や“わがまま”を発揮してこそ、本当の楽しみがやって来る事を伝えていきたいのです。


以上、NPO法人GRA、過去、そして現在の目標です。

 

 *     *    以上   *     *


皆さんからの 「意見」や「提案」「質問」を広く募集しています。
GRA活動への参加の有無、年齢、運転免許や車両の有無を問いません。
下記の URL をクリックして、開いたページからメールで送信ください。


http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

または 当ブログへの “ コメント返信 ” にて送信ください。
内容を確認の後、当ブログサイトでの掲載・回答など、適した対応を
します。
 

イベント参加費とイベント名、改訂のお知らせ

さて、早速ですが、先日の 「 イベント参加料 」についての意見募集をしたところ、早速にご意見をお寄せ下さり 誠にありがとうございました。

< GRAの企画ノート・参加費改訂について >
http://gra-kikaku.hatenablog.com/entry/2017/04/17/230509


検討の堅果、7月以降に開催するイベントから、下記の料金にて開催する事としますので、ご了承のほど お願い致します。

【 7月以降、参加費 】

      『 GRA ライディング講習 』              4000 円
      『 GRA 整備&セッティング講習 』    4000 円
      『 GRAの自由練習会 』                       3000 円

     *    *    *    *    *

寄せられたご意見の大半は、「 利益を出して負債を減らすべき 」「 他の一般的なオートバイ講習などと較べて妥当な金額 」「 先ずは 参加費を上げて、参加者が減れば再度検討を 」などの内容でした。

ただ、私には 別の想いがある事をこの機会に伝えます。
それは、活動目標達成の為に、どちらが良い選択か?です。

活動目標とは、「いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ環境の創造、そしてその環境を育てる人の育成」です。
GRA の活動の価値は この活動目標へ向かっている事だと考えていますし、この目標と行動があってこそ GRA の存在意義がありますし、そこに注目を受けていると考えています。

それもあって、今回は料金の件以外に、その目標達成の為に、イベント名の変更と 新規イベント開催案も同時に公開して、その活動を より明確に世にアピールしていきます。

どうぞ、今後共に よろしくお願いします。

5月14日開催 『 GRA講習 』 タイムスケジュール案に意見・指摘を

5月14日に開催する 『 GRA講習 』は、「 ブレーキング 」と「 アクセル 」をテーマに、オートバイの構造と原理から、実走行を通じてのライディング練習、そして ブレーキの整備や調整(セッティング)を行なった場合の効果や影響など、参加した人に知識と体験、実践ライディング練習を行なってもらう予定です。

そして、それらの知識と体験、練習を通じて、一般道での安全なライディングの基本が更に身に付く事と、構造や原理の理解、整備や調整がライディングの安全度に与える影響の大きさも学習できる機会になる事を期待しています。

f:id:youkaidaimaou:20170421220219j:plain

 f:id:youkaidaimaou:20170421220302j:plain

一般的な講習では、構造や原理を学ばず、その働きを劣化させない整備や自身の身体にフィットさせる調整(セッティング)の重要さは二の次にされています。

GRAでは、オートバイの理解と適切な整備、そして自身にしか行えない調整があってこそ、オートバイの能力を正しく活かしたライディングができる事を伝えていきたいと考えています。

どうぞ、意見や指摘をお待ちしています。



                *     *    以上   *     *


皆さんからの 「意見」や「提案」「質問」を広く募集しています。
GRA活動への参加の有無、年齢、運転免許や車両の有無を問いません。
下記の URL をクリックして、開いたページからメールで送信ください。


http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

または 当ブログへの “ コメント返信 ” にて送信ください。
内容を確認の後、当ブログサイトでの掲載・回答など、適した対応を
します。

 

イベント参加費、変更を検討中です

現在、NPO法人GRAが企画開催しているイベント 『 GRAの自由練習会 』と『 GRA講習 』の参加費を変更を検討中です。

【 参加費は、現在 2000円 】

2014年にイベント開催を再開して以来、参加費は 2000円として、他に GRAの活動を理解してご協賛いただける方から “ 協賛寄付金 ” を頂戴しています。

お蔭様で、徐々にイベント開催内容に興味を持つ方が増え、会計収支も少しずつ改善して、僅かですが負債(借金)の返済も行なえるようになっています。

ただ、参加人数が増えて会計収支が改善しているとは云え、その収入の半分以上が寄付金収入となっており、イベント参加者の受益者負担の観点からみれば、この収益配分は見直しを図る時期だと考えられます。
< 2016年度会計収支報告はコチラより >

また、法人が主催するオートバイの 練習・講習関連のイベントとして、2000円の参加費は破格と言える金額ですし、イベントで行なっている内容もそれらに劣っていないと長年の経験から断定できます。

更に、機材の充実等を長期的に図るために、イベント参加費の変更が有効だと考えています。


【 意見を募集中です 】

変更の検討については NPO法人 内で、先ずは理事、監事 レベルから始めており、徐々に社員や常勤スタッフ、そして GRA活動に関心を持っている方からの意見を募集している段階です。

どうぞ、この件で関心のある方からの忌憚の無い意見をお待ちしています。


【 参加費変更の時期は 】

参加費変更の時期は、イベント内容からみて『 GRA講習 』からの変更が最適だと思っています。

また、その時期は 次回開催予定の 7月からが妥当かと考えています。

そしてその料金ですが、4000円 または それ以上の金額という意見も受けていますが、3000円 または 4000円 あたりが先ずは妥当かと考えています。

どうぞ、みなさんからの意見をお待ちしています。

 

      *     *    以上   *     *


皆さんからの 「意見」や「提案」「質問」を広く募集しています。
GRA活動への参加の有無、年齢、運転免許や車両の有無を問いません。
下記の URL をクリックして、開いたページからメールで送信ください。


http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

または 当ブログへの “ コメント返信 ” にて送信ください。
内容を確認の後、当ブログサイトでの掲載・回答など、適した対応を
します。

 

 

『 GRA講習 』 “ 緊急回避 ” 練習用、ワイヤレスLEDランプ候補

5月14日開催 『 GRA講習 』で行なう予定の “ 緊急回避 ” 練習では、回避すべき進路や行動を指示する “ 遠隔操作式LEDランプ ” があれば、より的確な練習ができる筈 !! と考えています。

その候補機種を色々と検討している最中ですが、その内の 一つの机上テスト風景です。
 


後は、次回(4/9)のイベントで シミュレーションしてみます。
防水設計なので、雨天でも使用できるので安心です。

『GRA講習』用企画 「ブレーキング&アクセル」編

2017年5月14日開催予定 『 GRA講習 』用企画です。

○ 講習テーマ  :  「 ブレーキング&アクセル 」

○ 講習の内容  :  主に車体は直立状態で、ブレーキング と アクセル の
                             基本的な講習と走行練習を行なう

○ 講習の目的  :  オートバイの基本的な操作の理解と実際の走行で習熟度 及び
                             自身のライディング の確認を目的にする

                             運転免許を取得して実際の路上での走行距離をこなして
                             ライディングにもそれなりの自信を持っている人にとって
                             減速(ブレーキング)と 加速(アクセル)は 特に難しい事
                             と感じている事ですが、実は そこに オートバイ操作の基本
                             要素が詰まっている事を周知・理解を深めるのを目的とする

○ 講習のテーマ:「 真っすぐにブレーキング(減速) 」
                            「 真っすぐにアクセル(加速) 」  

○ 走行練習案  : 【  狭路の走行 】
                              ・・パイロン等で幅 60cm、長さ 12 m 程度の狭路を作成し
                                     その狭路に車速 20 ~ 30 km/h で進入し、車体をフラ
                                     つかせる事なく直進・通過する

                      :  【 狭路でのブレーキングと応用 】
                              ・・ 上記の狭路を使用、狭路に対して 30 ~ 40 km/h で
                                      進入し、定められた地点から急制動を行ない、フラ
                                      つかせる事なく完全停止 又は 徐行速度までの減速を
                                      を行なう
                              ・・ 習熟度 や ライディングスキルに合わせて、右手のみ
                                       片手でのブレーキング、 或いは より幅の狭い狭路
                                      での走行に挑戦

                           【 アクセル(加速) 】
                              ・・ 上記 狭路を使用、狭路中で停止状態 または 徐行速度
                                      から車体のフラつき・蛇行をさせずにフル加速を行な
                                      う

                           【 緊急回避 】
                              ・・ 狭路の通過後に、幅 1.2 m程の 車線を 3本並列で作成
                                      し、3本の車線の中央の車線は 狭路から直進の位置に
                                      置き、左右 2本の車線は それぞれ 左と右に オフセット
                                      させる

                               ・・ 狭路通過後の地点に 信号機を設置し、「直進しつつ
                                       完全停止 」か 「 右か左の指示された車線へ進路変更
                                       をして完全停止か徐行 」を行なう

                               ・・ 狭路通過速度は 30 km/h から 40 km/h を適宜指示
                                       し、光電管装置などを利用して実際の車速も計測する 

                *         *       *     *     *     *     *

オートバイのライディングの基本は、オートバイが本来備えている特性や
能力を 十二分に活かす事で、ライダー側からそれ以外の余分な操作や過剰
な力みはオートバイ本来の能力を活かせないばかりか、時には ライダー自身
が想定しない危険な状況を招く原因になります。

また、直立させている限り、どんなブレーキング(減速)であっても、
どんな アクセル(加速)であっても、オートバイは完全に直進する特性を
持ち、仮に ライダーが不要な操作や力みを与えなかったにも拘わらず、
フラつきや蛇行を行なう車両は何等かの車体側の調整不備がある事が確認
できます。

上記の通り、直立・直進状態でライディングの基本操作、そしてオート
バイの基本的調整状態の確認を行なう事で、ようやくバンクさせた状態
での ライディング 或いは オートバイの調整状態の確認や習熟へと移れ
ます。


オートバイの講習・練習といえば、とかく派手で優雅で楽しみが大きい
コーナリング等に 偏りがちです。

しかし、直立状態での ブレーキング と アクセル の 理解と習熟を積む
ことで コーナリングでの操作などにより深い理解と習熟が得られるのは
間違いありません。

 

「  真っすぐ走れないで、曲がれはしない 」 です。                          

 

 ★ 【 タイムスケジュール案を掲載しました! 】ご覧ください
http://gra-kikaku.hatenablog.com/entry/2017/04/21/220632

 

 

中断中の “ 企画読み物 ” について

連載前提で続けている “ 企画読み物 ” の中で、下記の 2編 は一年以上
中断しています。

【 安全限界トレール量、知っていますか? 】
http://gra.hatenablog.jp/entry/2016/01/27/234046

【 セッティング講座・リアサスペンション編 】
http://gra.hatenablog.jp/entry/2015/01/07/222918

いづれ再開する予定ですが、要望が多い企画の方から再開したいので
関心を持っている方は、是非 要望を寄せて下さい。

      *     *    以上   *     *

皆さんからの 「意見」や「提案」「質問」を広く募集しています。
GRA活動への参加の有無、年齢、運転免許や車両の有無を問いません。
下記の URL をクリックして、開いたページからメールで送信ください。

http://gra-npo.org/office/info_mail/mail.html

または 当ブログへの “ コメント返信 ” にて送信ください。
内容を確認の後、当ブログサイトでの掲載・回答など、適した対応を
します。